和歌山県の食べ物

和歌山県田辺市にあがら丼というご当地グルメあります。「あがら」とは「私たちの」という意味の方言です。
あがら丼は地元の旬の食材を使うことになっていますが細かい決まりは無いため、店ごとに天丼や海鮮丼、カツ丼など様々な種類が販売されています。旬の食材を使うため、季節限定メニューとなっているのが特徴です。
2010年の「全国丼サミットいしかわ2010 D-6」には紀州大漁海鮮丼があがら丼の代表として出品されました。
日高郡にはいももちという郷土料理があります。
蒸したサツマイモを混ぜてついた餅で、餡を入れてきな粉をまぶしたものが多いです。普通の餅よりも柔らかいです。
和歌山県には柿の葉寿司という郷土料理もあります。
サバやアナゴ、サケの切り身といったネタと一口大の酢飯を柿の葉で包んだ後に押しをかけた寿司です。
柿の葉で包むことで、殺菌効果により数日間保存できるようになります。
和歌山県推薦優良土産品にも指定されています。